[[ウィザーズクライマー/育成・戦術指南]]
#menu(ウィザーズクライマー/メニュー)
#contents
*重要情報 [#y29be317]
-魔力供給を5回連続で行うとセリスが妊娠し、即座にゲームオーバーとなる。
--専用CGあり。引継ぎは不可。
--魔力供給回数を稼ぐ場合、魔力供給4回→他の行動1回→魔力供給~と繰り返す必要がある。

*育成の予備知識 [#oe3ab453]
-周回前提になるので次周を見据えて育成すると楽。
-周回時には過去最大スキルポイント×引継ぎ率の分だけ最初からスキルポイントを所持した状態で始まる。
-また条件を満たすごとに上位のモードが開放され、イベントの追加や前提イベント開放済み状態での開始などメリットがある。
-このゲームの育成は、引継ぎ率の上昇、モードの開放、最大スキルポイントの底上げ、上位装備の入手などを狙って行くことになる。
--最大スキルポイントが参照される関係で、1つの周回では1つのスキルに特化して育成した方が結果的に楽になる。
-毎年2月2週に全装備半額、4月4週と5月1週に全商品半額セールがある。
--2月2週は家具の値段は通常通りだが、なぜか売値が原価の100%になっている。
--特にこだわりが無ければ4月4週か5月1週の半額セールで家具を買えるだけ買い、2月2週に売る事でかなり稼げる。
---買い物スキルをLv10にしてあれば更に効率的。2年繰り返すと、1周目でも全家具最高ランクで買えるほどになる。

**2周目以降の特典 [#rbc28f76]
-条件:GAMEOVER以外のENDになる。
--資金とポイント引継ぎ
---前回クリア時の資金とアイテム(換金アイテム除く)、過去に会得した総ポイントが最初から使用可能。
--引継ぎのポイント
---基本引継ぎ率:30%
---モード開放:10%(全4個、計40%)
---英雄の塔:30階到達毎に2%(最大20%)
---クイズ攻略:全問正解で10%
--念のため、引継ぎポイントについて説明。
---1周目クリア時点、「肉体」1000・「魔基」500と仮定。(モード開放出来ず、引継ぎ率30%)
---2周目開始時点では、「肉体」300・「魔基」150で開始。(過去の最高値の30%)
---2周目クリア時点、「肉体」500・「魔基」1000。(モード開放出来ず、引継ぎ率30%)
---3周目開始時点では、「肉体」「魔基」共に過去の最大値が1000だったので、300で開始。
-妊娠エンド(ゲームオーバー)以外のEDを迎える(3年目12月4週を終える)と次回Start時に引継ぎが可能になる。
-引き継げるのは、資金、最大スキルポイント、装備品、家具、所持品全て(換金アイテムのみ引き継がない)
--各分野ごとの最大スキルポイントx引継ぎ率が、初期スキルポイントになる。
-引継ぎ率は30~100%で、条件を満たす毎に上昇する。
--初期引継ぎ率30%(修行モード開放分を含む)
--モード開放ごとに+10%(試練、熟練、栄光、最終の全4個、計40%)
--Extraでクイズ全10問正解で+10%(一度のみ、問題はランダム)
--Extraで英雄の塔30階到達毎に+2%(全301階層、計20%)
---117階、147階など30倍数階の近くに強敵が配置されている事が多い。
---特に147階はクデュールに優勝できる程度では突破できないほど厳しい。
-最大スキルポイントと引継ぎ率の関係
--1周目クリア時点、「肉体」1000・「魔基」500と仮定。(モード開放出来ず、引継ぎ率30%)
--2周目開始時点では、「肉体」300・「魔基」150で開始。(最大スキルポイントの30%)
--2周目クリア時点、「肉体」500・「魔基」1000。(モード開放出来ず、引継ぎ率30%)
--3周目開始時点では、「肉体」300「魔基」300で開始。(それぞれの過去最大スキルポイントの30%で計算される)
-引継ぎによるスキルポイントの上昇例
--例えば魔法基礎の場合、全てのスキルを最大Lvにするのに必要なスキルポイントは95000強。
--勉強1回で95前後上昇、行動可能なのは12*4*3-5で139回なので1周当たりの上昇量は約13000程度しかない。(実際はもう少し高い)
--翌周、引継ぎ80%なら初期値は約10000、この状態で更に+13000にすれば最大スキルポイントは23000に更新される。
--翌周、引継ぎ80%なら初期値は約18000と引継ぎを繰り返すごとに数値はどんどん上がっていく。
---しかし、例えば最大13000、初期値10000の状態で+3000にしても最大値を更新できないため数値は上がらない。
---そのため、1つの周回では1つの項目を集中的に強化した方が良い。
---当然、引継ぎ率が低い状態では最大値更新に必要なポイントも増えるため、効率が悪くなる。
--このため、引継ぎ率はなるべく早く上昇させた方がよい。

**部屋の画像 [#edb1be5e]
****手前 [#b05c5b88]
-白猫:「魔法大会」開催中。
-黒猫:「海の監視員(アルバイト)」実行可能。
-帽子掛けに帽子が掛かる:「畑仕事(アルバイト)」が選択可能。
--帽子掛けは「家具:応接セット」に付随。
**効率的なスキルポイント稼ぎのために [#q4ca18e3]
-とにかくモード開放を優先。全モード開放し、英雄の塔120階を突破し、引継ぎ率88%にしてからが本番。
--スキルは1つの項目に集中して上げる。3年間をその項目を上げるためだけに使用するぐらいのつもりで。
--1周目は資金稼ぎを最優先に進めると、2周目以降に資金を気にせず行動できるようになるので楽。
--モード開放のための条件を満たす事を最優先にしつつ、ある程度スキルを集中して稼いでおくと、次の周回が楽になる。
-体力回復は連続戦闘でしか効果は無いが、魔力回復は毎週の魔力回復にも影響する。勉強の消費以上になれば延々勉強できる。
--休憩の代わりに実践で回復魔法を使う方法もある。利点はスキルを上げつつ回復できる事。欠点は回復量が安定しない事。
---肉体強化+再生の魔法を奥義とし、魔法禁止で立ち回ることで、高確率で体力を大幅に回復する事はできる。
--同様に吸魔で魔力を回復する事もできるが、体力以上に回復量が安定しない。塔攻略ついでに回復したらラッキー程度に考えた方がよい。
---最上階で吸魔以外の魔法を禁止する事で、ボスから魔力を吸収し回復量を上げる事はできる。最上の塔や魔王の城などは回復しやすい。
--休憩時の体力回復量は割合。遊びが最も回復量が多い。読書は回復しつつ魔法基礎と一般が上がるので序盤ではお得。
---体力が4~5割を下回ったら休憩などで回復した方が良い。アルバイトやイベントでも戦闘は発生する。
-調子は絶好調を保つ事。
--調子が良いとアルバイトや訓練の成功率が上がり、効率が良くなる。(各種スキルの上昇量も増える?)
--アルバイト、撤退、戦闘に敗北、休憩などで調子は落ちる。
---特に体力が0になると調子が最低まで落ち数週間寝込むので事前に撤退推奨。
--訓練、勉強、戦闘に勝利する事で調子は良くなる。
---塔や迷宮を進行すれば5~10階層程度で調子が上がるため確実。
---訓練や勉強では稀に上がらない事もある。
--アルバイト→調子が落ちたら塔攻略か勉強がオススメ(訓練だと更に体力が減るので休憩頻度が上がる)
-アルバイトは効率が良い物を選ぶ。
--畑仕事 序盤に重要な肉体、土、一般をまとめて稼げる上に賃金が500前後で安定している。3~10月のみ実行可能。
--警備員 肉体、格闘、武器、闇、一般をまとめて稼げる。上昇量もそこそこだが、稀に戦闘になるため序盤は注意が必要。
--大会スタッフ 大会がある時しか実行できないが体力消費に対して上昇量は多め。序盤上げづらい冒険が上昇するのが利点。
--冒険者 体力消費が多く、失敗しやすく、戦闘になりやすいが、冒険の上昇量は最も多い。謎解き10になったらコレ。
---敵の強さにムラがあるので祝福の塔制覇程度の戦闘力、できれば範囲攻撃や全体魔法を使えるようになってから実行したい。
---序盤だと「満たす光」は消費が大きいので「絶望に震える闇」や「弾ける風」を活用するのがオススメ。
---ムチやハンマーなら消費なしで範囲攻撃可能。
--監視員 6~8月のみ。謎解きが低い状態で冒険を稼ぎたい場合には有用。探索で成功率が上がる。
--師匠手伝い 体力も魔力も減らさずに魔法基礎と一般を上げられる上に駄賃まで貰える。実は一般の上昇量が一番多い。
---ただし一般は他の行動のついでに割りと上がるので、どうしても一気に稼ぎたいとかでなければ必要ではない。
-訓練は肉体強化、勉強は魔法基礎のみで十分。他は塔攻略を繰り返していれば勝手に上がる。
--塔や迷宮は、肉体や魔法基礎の上昇量が100を切るまで何度もクリアすると良い。最上の塔などは4~5回は稼げる。
--例外は最序盤の武器練習、序盤にムチを使う場合の特殊武器練習、格闘を伸ばす場合の格闘訓練など。必要なら躊躇なく実行する事。
--勉強に関しては魔法基礎以外は実行するだけ無駄なので、育成が終わってから会話回収のために実行する程度でいい。
-面倒な条件のイベントは後回しにする。
--例えば料理大会やヴィオラ関係、師匠の手伝い関係などは、条件のための行動が育成の役に立たないので、育成が終わってから回収した方が良い。
--逆に武術大会や真なる英雄の大会などは肉体強化などの助けになるので、むしろ育成の一環として回収しておきたい。
--回想やCGを埋めるだけならばデータを保存する必要は無い。イベントを見たあとデータをロードしてもOK。
---行動回数をトリガーとしたイベントは、それぞれの特化育成時についで回収しておく手もある。

****左奥 [#q38154ee]
-鳥(左辺上の巣):「イエルと遊びへ(休憩)」又は「師匠と遊びへ(休憩)」にて、季節ネタのイベントあり。
--巣は「家具:天井飾り」に付随。
-ホワイトボードに文字が記載:「買い物(休憩)」にて割引セール開催。(戦争中や新商品登場時は発生しない)
--ホワイトボードは「家具:勉強机」に付随。
**部屋の変化 [#edb1be5e]
|白猫がいる|「魔法大会」開催中|
|黒猫がいる|「海の監視員(アルバイト)」実行可能|
|帽子掛けに帽子が掛かる&br;※要応接セット|「畑仕事(アルバイト)」実行可能|
|鳥(左辺上の巣)がいる&br;※要天井飾り|「イエルと遊びへ(休憩)」又は「師匠と遊びへ(休憩)」にて、季節ネタのイベントあり|
|ホワイトボードに文字&br;※要勉強机|「買い物(休憩)」にて割引セール開催。戦争中や新商品登場時は発生しない|
|飾り棚|各種大会優勝ごとにトロフィーが置かれる|
-行動選択画面のセリスをクリックすると、「その時の調子」「家具に関するセリフ」などのボイスが聞ける。
--例えば絨毯の上なら「絨毯がふかふか~♪」、本棚の前だと「本が一杯♪」などなど。
-セリスは、一定時間ごとにランダムで行動する。
--家具がない場合の動作は、部屋をうろつく(通常、鼻歌)、外を眺める、棒立ち、本を読む、本を読みながら歩く、鼻歌。
--家具を設置するとセリスが家具を利用する動作が増える。
---ベッド、勉強机、応接セット、飾り棚は専用の動作。
---絨毯は棒立ち、本棚は本を読む、勉強棚は本を読みながら歩く動作でボイス変化。
--棒を装備しているとセリスが竹刀で素振りをする動作が増える。(武器スキルが関係している可能性アリ?)
--音楽のレベルが1以上だと楽器(ラッパ?)を吹く動作が増える。てれれれってれ~♪
---音楽Lv10になると頻繁にBGMが「ソロサックス」に変化し、サックス演奏の動作に変化する。
---なお演奏中にセリスをクリックしても何も起こらない。

**その他 [#oc0620a1]
-行動選択時にセリスのチップをクリックすると喋る。

*武器(物理攻撃)の特徴 [#p564b49f]
#region(武器の特徴 )
**格闘(素手) [#c4e0bfba]
-射程:1~7(遠距離:指弾系含む)
--必要なポイントが高く、序盤はお勧めできない。
--が。2~3周し、ポイントがある程度あれば遠距離の指弾系も利用可能で、非常に強力な戦力を誇る。(近距離304発・遠距離52発)
--最強攻撃:ゴッドブロー(射程1~2・攻撃力999・命中率110%・弾数12・消費魔力50・必殺効果)
--最強攻撃:憤激指弾(射程1~7・攻撃力76・命中率99・弾数9・消費体力10・消費魔力3)
--だが中盤以降、引継ぎ率が上昇しポイントがある程度増えてくれば非常に強力な戦力になる。
---武器は装備できないがその分スキル威力が高く、また巨人の指輪で攻撃力を底上げできる。
--威力・命中率・弾数ともにトップクラスの性能で、遠距離の指弾系も同時に利用可能。(近距離304発・遠距離52発)
---また全スキル中、最も発動・硬直が少ないため、乱戦に強い。
--欠点は範囲攻撃がないことだが、攻撃回数の多さ、隙の少なさ、遠距離から先制攻撃可能な点を考えると大きなデメリットにはならない。
---ver1.10以降は時間切れ敗北が導入された関係で、長期戦になると攻撃回数を使いきる前に負ける事もある
--最強攻撃(近):ゴッドブロー(射程1~2・攻撃力999・命中率110%・弾数12・消費魔力50・必殺効果)
--最強攻撃(遠):憤激指弾(射程1~7・攻撃力76・命中率99・弾数9・消費体力10・消費魔力3)

**剣 [#x13db75a]
-射程:1~2
--高い攻撃力を持つものが比較的簡単に入手可能で、安定した攻撃回数・命中率を持つ。(全78発)
--後半は伸び悩む。
--店売りで属性武器が買えるので、風属性剣を使えば序盤から飛行系や竜を相手に有利に戦える。
--払い剣があるため防御性能は高い。魔法使用時にも防御で役に立ってくれるため、総合力はピカイチ。
--最強スキルの攻撃力の高さはゴッドブローに次いで全スキル中2位と非常に高性能。
--範囲攻撃が無いため迷宮などでは苦戦しがち。弾ける風などの低燃費範囲魔法と併用したい。
--最強武器の攻撃力も高く、単体相手には非常に安定するので、大会では最後までメインウェポンとなり得る。
--最強攻撃:秘剣紅桜(射程1~2・攻撃力545・命中率104%・弾数7・消費体力10・消費魔力25・必殺効果)

**棒 [#j9d14e61]
-射程:1~2
--大器晩成型。攻撃回数と命中率は良いが、攻撃力が低め。(90発)
--詠唱の杖が非常に強力。基本的には魔法の補助と考えた方が良い。
--基本的には魔法補助用の武器と考えた方が良い。
--払い棒があるため剣と同様、防御性能は高い。
--武器は魔法優先と攻撃優先の二種類あるが、上記の関係で魔法優先の方が良い。
---特に常時魔力回復する詠唱の杖が強力。むしろ詠唱の杖が手に入ってから棒スキルを伸ばすぐらいで良い。
--最強攻撃:斬り棒(射程1~2・攻撃力57・命中率104%・弾数14)

**斧 [#ya29a597]
-射程:1~2
--高い攻撃力を誇るが、命中率が低め、攻撃回数自体は剣と同等。(全78発)
--範囲攻撃があるので、敵をまとめて倒せる。
--命中率が低めなで、最強攻撃の威力も控えめなので、魔法があまり使用出来ない序盤は大会などで時間切れも。
--最強攻撃:暴れる斧(射程1~2・攻撃力236・命中率・94%・弾数7・消費体力15・消費魔力5・必殺効果・バック効果・スタン効果)
--基本スキルの攻撃力は高いが命中率が低く、攻撃回数自体は剣と同等。(全78発)
--命中が低いため、命中の首飾りを装備しないと安定しない。そのため序盤はお勧めできない。
--範囲攻撃がないため迷宮などでは厳しい。
--全てのスキルにスタン&ノックバック効果あり。
--使える武器が弱く最強攻撃の威力も控えめなので全体的に剣に劣る。魔法があまり使用出来ない序盤は大会などで時間切れも。
--最強攻撃:暴れる斧(射程1~2・攻撃力236・命中率94%・弾数7・消費体力15・消費魔力5・必殺効果・バック効果・スタン効果)

**ハンマー [#w0c79f6d]
-射程:1~3
--斧と同じく、高い攻撃力を誇るが命中が低い。(全71発)
--ほとんどが範囲攻撃。
--斧と同じくスキルの攻撃力は高いが命中が低く、全武器で最も発動が遅い。(全71発)
--命中が低いため、命中の首飾りを装備しないと安定しない。発動が遅いため加速の首飾りも必須と言ってよい。
--斧と違い基本スキルが範囲攻撃なので序盤から使っていける。店売り武器の攻撃力が全武器中最も高いのも序盤のメリット。
--範囲攻撃が3種ある。威力も高く回数もそこそこあり、単体特化の強力なスキルもあるため割と万能。
--全てのスキルにスタン&ノックバック効果、基本スキル以外には必殺効果も付く。範囲攻撃に必殺が付いている武器はハンマーだけ。
--最強攻撃:突貫ハンマー(射程1~2・攻撃力436・命中率94%・弾数9・消費体力10・消費魔力20・必殺効果・バック効果・スタン効果)

**手裏剣 [#l86aa86c]
-射程:1~5
--威力が低い、回数が少ない、命中はそこそこ。(全40発)
--弾切れが多い。
--短距離での範囲攻撃もある。
--武器の攻撃力が低く、スキルの威力も低く、弾数が少ない、命中はそこそこ高め。(全40発)
--範囲攻撃もあるものの全スキルで弾切れが多く、使い物にならない。
--最強攻撃:大車輪手裏剣(射程1~5・攻撃力116・命中率101%・弾数7・消費魔力5)

**弓 [#gcabb89d]
-射程:1~7
--長い射程を誇り、戦闘速度や初期配置によっては接近される前に殲滅も可能。
--威力・スキル回数は控えめ。(全50発)
--範囲攻撃も可能。
--長い射程を誇り、戦闘速度や初期配置によっては接近される前に殲滅も可能。命中も比較的高めで使いやすい。
--武器攻撃力もそこそこ高く、属性武器もあるので意外と強力。スキル威力・弾数は控えめ。(全50発)
--範囲攻撃(直線貫通攻撃)も可能。4つの攻撃スキルのうち、上位2つには必殺効果も付く。
--最強攻撃:崩壊弓(範囲攻撃・射程1~7・攻撃力266・命中率102%・弾数5・消費魔力20・必殺効果)

**ナイフ [#rce7536f]
-射程:1~7
--回数、命中率共に低い。(全弾で、43発)
--範囲攻撃はあるものの、主兵装としてはイマイチ。
--武器の攻撃力が低く、スキルの威力も低く、弾数が少ない、命中まで低い。(全43発)
--範囲攻撃もなく、上位スキルが存在しないため、手裏剣以上に役立たず。
--最強攻撃:投ナイフ(射程1~7・攻撃力57・命中率97%・弾数29)

**鞭 [#sb7896bd]
-射程:1~4
--範囲攻撃が基本なので、強力ではあるが命中率が低め。(全49発)
--対集団戦闘では強力だが、対少数戦闘では力不足感が否めない。
--基本攻撃が0-2の範囲攻撃なので集団戦に強い。弾数、命中率は低め。(全49発)
--命中が低いため、育ちきるまでは命中の首飾りを2つ装備しないと安定しない。発動も遅めなので加速の首飾りも必須と言ってよい。
--武器攻撃力、スキル威力共に中程度で、大会やボス戦では力不足感が否めない。
--肉体強化の魔法を併用すれば店売り武器で大地下迷宮を踏破する事も可能なので詠唱の杖入手まではメインウェポンとして使える。
--さすがに英雄の塔攻略には向かない。使いどころとしては序盤~中盤あたり。
---ただし序盤から使うためにはスキルポイント稼ぎが面倒。
--最強攻撃:暴蛇ムチ(範囲攻撃・範囲2・攻撃力76・命中率89%・弾数6)

**樽 [#u55c83de]
-射程:1~10
--強力な威力を誇るが、回数が少なすぎる。(スキルは1種、Lv10でも4発)
--ネタ武器にしか感じられません。(あくまで個人の感想ですが)
--スキル威力は高めだが1種類しかなく、単体攻撃しかできないのに弾数が3しかない。(強化しても4発)
--命中も低めで発動・硬直も長い上、武器自体の攻撃力は低いという無能っぷり。
--戦闘中に武器変更できないシステムなので全く役に立たない。
--最強攻撃:樽(射程1~10・攻撃力256・命中率94%・弾数4・バック効果・スタン効果)

***武器まとめ [#ff193b34]
#endregion
**武器まとめ [#ff193b34]
-手裏剣・ナイフ・樽は論外。
-総合的に見た場合、武器主体で戦うなら、格闘>剣>鞭>ハンマー・弓>棒・斧。
--魔法主体で戦うなら、ほぼ棒(というか詠唱の杖)一択。次点で剣。
-目的に応じて使い分けるのも良い。
--安定性なら剣、魔法メインなら杖、範囲攻撃ならムチ、育ちきれば最強の格闘。
--特にこだわらないなら、塔や迷宮の探索はムチ、大会や野試合は剣と使い分けると楽。
--魔法や格闘は非常に強いが、実用レベルに育ちきるまでは何度も周回を重ねる必要がある。英雄の塔向けと割り切った方が楽。
-クデュール魔法大会決勝では弾切れの可能性もあるので、特に威力や回数の少ない武器を使う場合には注意。


*魔法の特徴 [#h46ed3a4]
#region(魔法の特徴 )
**火 [#a55777f9]
-主に単体攻撃。
--火力はなかなか。
--※「火の魔法勉強」時にCGが2種ある※
-単体1、範囲4、召喚2。
-全て攻撃系の魔法で火力はなかなか。
-※「火の魔法勉強」時にCGが2種ある※
-最強魔法:焼き尽くす炎(射程2-5範囲、威力127、命中99%、弾数4、消費40)
-召喚魔法:炎の蛇(射程1-3範囲、弾数4、消費15、Lv10だと一度に5匹呼び出す)

**水 [#v992c8ce]
-主に単体攻撃。
--威力はそこそこ。
-回復あり。「歓喜の雨」(効果はリジェネ)
-単体5、回復1、補助1、召喚1。
-攻撃魔法は単体のみだが射程が長く、命中も高く、威力もそこそこ。全てスタンやバックの効果が付いている。
-回復魔法の歓喜の雨はターン回復。体力1500を超えると再生の魔法よりも回復量が多くなる。逆に言うとそれ以下では再生に負ける。
-最強魔法:砕け散る氷河(射程2-9単体、威力126、命中119%、弾数4、消費40、スタン&バック効果)

**風 [#y5ed68dc]
-主に単体攻撃。
--全体的に硬直が少ない。
--「飛行」がほぼ必須。(Lv5で地下迷宮、Lv8で大地下迷宮、Lv10で魔王の城へ行けるようになる)
-単体1、範囲3、召喚1、補助2、特殊1。
-全体的に発動が早く硬直も少ない。レベルアップで消費が下がるため燃費が良くなる。
--低燃費な範囲攻撃魔法あり。魔法知識を伸ばせば火力も出るので剣の補助にも良い。
-「飛行」がほぼ必須。(Lv5で地下迷宮、Lv8で大地下迷宮、Lv10で魔王の城へ行けるようになる)
--※「飛行」習得時にCGあり(2回)※
-低燃費:弾ける風(射程2-7範囲3、威力57、命中97%、弾数13、消費11)
-最強魔法:嵐(射程0-8範囲、威力186、命中101%、弾数4、消費33)

**土 [#k48cfd57]
-主に回復と術者強化。
--攻撃はそこそこだが、硬直が長い。
-単体1、範囲2、召喚1、敵弱化2、術者強化2、回復2
-回復と補助に優れるため、どんなプレイでも必須魔法となる。
--瞬間回復の治癒、ターン回復の再生、物理も魔法も強化する肉体強化が強力。
-攻撃魔法は威力はそこそこで発動も早いが、消費が多く、硬直が長いため使いづらい。
-畑仕事で肉体、お金と共に上昇するため序盤から活用しやすく、最後まで実用性が高い。
-最強魔法:暴れる大地(射程0-3範囲、威力127、命中101%、弾数8、消費30、スタン&バック効果)

**雷 [#u33099c2]
-主に範囲攻撃。(直線)
--威力はあるが消費も大きい。
-直線5、召喚1、特殊1
-攻撃スキルが全て直線貫通だが効率的に使われる事は稀なので単体攻撃と認識しておいた方が心身的に良い。
--威力は高めで命中もある。消費も大きいがレベルアップで消費が下がるため最終的なコスパは良好。
--全てのスキルがスタン効果を持つのもポイントが高い。
--攻撃スキルは全てが上位の前提条件になっているため、マスターするための必要ポイントは多め。
--基本スキルの性能は全魔法中ピカイチ&color(white,white){(雷だけに)};
--最強スキルの雷龍は全魔法中最大威力を誇る(それでも224だが)
--同系の心で連携強化すれば、瞬間火力の理論値は非常に高い。
-雷球は序盤から使える優秀な召喚魔法。特に剣や斧使用時に敵の攻撃を分散する目的で使うと便利。
-雷歩は移動ごとに魔力を消費し、弾数も少ないので使い勝手が悪い。使いこなす自信がなければ覚えない方が無難。
-最強魔法:雷龍(射程1-10直線、威力224、命中99%、弾数4、消費26、スタン効果)


**闇 [#k9b5fc82]
-主に範囲攻撃。
--全スキル習得する為に必要なポイントが一番高い。
-単体3、範囲4、召喚2、補助1、特殊1。
-攻撃魔法の前提が多く、全スキル習得する為に必要なポイントが一番高い。
--単体、範囲がバランス良く、全体魔法が3種類もある。威力は高めだが消費が大きく命中も低め。発動も長い。
--単体攻撃は基本スキル以外が、魔力吸収、魔力ダメージ(人間にのみ有効)と独特な構成になっている。
--魔力吸収の吸魔は中盤の要になる良スキル。
--最強魔法は威力と範囲は申し分ないが命中が低め。命中の首飾りを併用したい。
-召喚はどちらもロマン仕様。つまり実用的ではない。
-最強魔法:暗黒竜の咆哮(全体攻撃、威力222、命中90%、弾数4、消費50、必殺効果)

**光 [#b0711b10]
-範囲攻撃が強力、単体攻撃も命中率999%を誇るものもある。
--補助が多め。
-単体2、範囲1、補助3、召喚1、特殊1。
-強力な全体攻撃や、必中の単体攻撃など、数は少ないが優秀なスキルがある。
--少ない前提で全体攻撃をマスターできるため使い勝手が非常に良い。
--光に強い敵以外なら開幕全滅させる事も十分可能。
-補助が多めだが使い勝手はいまいち。召喚もロマン仕様。
-最強魔法:満たす光(全体攻撃、威力183、命中99%、弾数6、消費50)

***魔法まとめ [#f11fd97e]
-回復は「土」と「水」のみ。
-攻撃の威力で選ぶなら、どれでも大差ない。
--硬直の長さや威力を加味すると、「風」が一番使いやすい。次点は「火」と「水」。
-敵全体攻撃としては、「光」が良い。次点に「闇」。
-「雷」は撃つべき時(敵が一列に並んでいる時)に撃たず、他の魔法で良い時に撃つ事が多い。(あくまで感想)
#endregion

**魔法まとめ [#f11fd97e]
-武器と違い威力に特化したスキルが無いためボス戦は苦手。
--また威力の高いスキルが軒並み弾数が少ないため、複数の属性を平行して育てておかないと厳しい。
--飛行と吸魔を除き、全てのスキルが魔力を消費するため消耗が激しい。詠唱の杖(常時魔力回復)を手に入れてからが本番。
--魔法知識を上げる事で全ての魔法の威力が上昇するため、優先して伸ばしたい。
-回復は「土」と「水」のみ。また肉体強化は物理も魔法も攻撃も防御も強化するためあらゆる面で効果的。
-攻撃の威力で選ぶなら、どれでも大差ない。前述の通り決定打が無いので、全属性育てて使い分けるのが吉。
--硬直の長さや消費、威力を考慮すると「風」が一番使いやすい。次点は「雷」。
---「切り裂く風Lv10」威力33 射程2-7 命中101% 消費4 弾数24 発動12 硬直10 全体的に非常に優秀な魔法。優先設定推奨。
---「雷撃Lv10」威力104 射程1-4直線貫通 命中99% 消費6 弾数34 消費比威力が最も高い。単体攻撃と考えると超優秀。
---「雷龍Lv10」威力224 射程1-10直線貫通 命中99% 消費26 弾数4 全魔法中最大威力を誇る上に消費も少なめ。強敵用に。
---火や水はスキルレベルが低いうちは良いが、レベル上昇で消費魔力が下がらないためLv10になると性能的に微妙になる。
--範囲攻撃は「風」が圧倒的に優秀。全体攻撃魔法は「光」と「闇」を使い分けたい。
---「弾ける風Lv10」威力57 射程2-7範囲 命中97% 消費11 弾数13 発動14 硬直10 範囲・消費・硬直が優秀な魔法。
---「嵐L10」威力186 射程0-8範囲 命中101% 消費33 弾数4 発動25 硬直10 範囲威力に対し消費低め。敵を引き付けて発動推奨。
---「絶望に震える闇Lv10」全体 威力114 命中89% 消費30 弾数4 全体攻撃で最も消費が少ない。威力もそこそこある。
---「暗黒竜の咆哮Lv10」全体 威力222 命中90% 消費50 弾数4 威力の高い全体攻撃で必殺効果もある。命中がやや低め。
---「満たす光Lv10」全体 威力183 命中99% 消費50 弾数6 威力は控えめだが命中が高いため安定感がある。
-召喚は剣や格闘の補助として優秀。逆に魔法メインでは使いづらい。
-武器と違い、状況に応じてスキルを切り替えて使用できるのが強み。汎用性の高さでは群を抜いている。
--逆に言えばスキルの切り替えを活用しない脳筋プレイには向かない。

*お勧め育成(例) [#k5d95af1]
**序盤 [#p9d08d9b]
**第一案 [#k9b32864]
#region(手順 )
***序盤 [#p9d08d9b]
-攻撃方法:剣
--必殺技「秘剣紅桜」があり、命中精度も良いので。純粋な攻撃能力としては、武器の中では一番良いかと思われる。
--必殺技「秘剣紅桜」があり、命中精度も良いので純粋な攻撃能力としては、序盤は一番良いかと思われる。
---記載者としては、1周目:棒、2周目以降しばらくが剣。
--武器育成:基本攻撃である「剣」を最優先、Lv5以上になれば「武器防御」と「払い剣」を入れ、余裕があれば他の攻撃方法(斬・断)を入れていく。
--「秘剣紅桜」は、MP消費や消費ポイントの関係で後回しの方が良い。
-魔法:あまり不要。
--火、雷、光…攻撃が強力だが、序盤では数値が期待出来ないので不要。
--風…飛行(魔法の知識Lv5)があると、ダンジョンが増加するが、後回しで問題なし。
--水…歓喜の雨が取得出来れば。
--土…回復系以外不要。
--闇…吸魔(魔法の知識Lv15)のみ。
--魔基…可能であれば魔法の知識が20程度、後は魔力増加と魔力回復に3:1程度で。
---詠唱はあると便利。同系・異種は魔法を多用しない以上必要なし。
--肉体…体力が1000を超えるなら、残りは戦闘速度と戦闘防御へ回す。
--格闘…現状では必要なし。
--冒険…戦術を最優先、次点に探索、謎解き、罠知識と毒知識。
--一般…H知識を優先、音楽と買い物は可能であれば。他は必要に応じて。

よって、週経過の主な過ごし方は、
-戦闘訓練
--「武器訓練」を主に。
-魔法勉強
--「基礎魔法勉強」を主に、「土」を入れていく。
-アルバイト
--お勧めは「畑仕事」と「警備員」だが、ある程度育ったら(2年目以降?)「冒険者活動」も入れていく。
-実践
--体力:500、魔力:250で、剣のスキルと回復がLv5程度あれば大会でも勝てるが、指揮が必要な場合が多い。
--体力:300、魔力:150で、剣のスキルと回復がLv5程度あれば大会でも勝てるが、指揮が必要な場合が多い。
よって、塔とダンジョンの攻略が主となるが、正直一週目はキツイ。
-休憩
--イエルやヴィオラ攻略を目指すなら、イエルと遊びへ。
--イエルやヴィオラ攻略を目指すなら、「イエルと遊びに」。
--イエル等を放置なら、読書。
--…一週目は、放置した方が無難。資金的にも、スキル的にも。

**2週目以降(中盤) [#g498ca90]
***2週目以降(中盤) [#g498ca90]
-ダンジョン攻略で上位の剣(業火~名刀)が入手出来ていれば、しばらくは剣で。
無いなら、「格闘」を入れ始めていく。
--無いなら、「格闘」を入れ始めていく。(装備は剣のままで)
-「武器」が10000程度あれば一種類はコンプリート出来るので、貯まっていれば「格闘」を視野に入れ、「肉体」と合わせて行く。
-魔法はダンジョンや塔の攻略で十分にポイントが貯まるので「基礎」を中心に。
-光の範囲魔法があるとダンジョン攻略等がかなり楽になるので、優先して覚えさせる。
--光…範囲攻撃「満たす光」
--必要スキル:光の槍Lv5
--習得必要ポイント(最低):420(Lv10:1680)
-光拡散を使われたりすると面倒なので、可能であれば闇の範囲魔法も。
--闇…範囲攻撃「暗黒竜の咆哮」
--必要スキル:闇の槍・絶望に震える闇・世界を飲み込む闇・闇よりも暗き闇・各Lv5
--習得必要ポイント(最低):2220(Lv10:5100)
-周回を重ねる上で、何周かは育成オンリーにした方が楽。
--が、育成オンリーにするのはある程度ルートを開放してからの方が良い。
-スキル数の関係で、遠距離・特殊武器・火・水・風・光は、一度も該当の訓練をせずにポイントが貯まります。

-中盤まとめ
--物理攻撃は「格闘」がお勧め。(別にほかの武器でも問題なし)
--魔法は「治癒の魔法」と「吸魔」、「飛行」が必須。
--次点にリジェネ系2種(「再生の魔法」「歓喜の雨」)、「満たす光」と「暗黒竜の咆哮」。
--詠唱の塔へ挑む。
---格闘(上から順にゴッドブローまでLv10、金剛体Lv10)、体力1300・魔力500程度にて攻略確認。…もっと弱くても出来たかも。
--英雄の塔(Extra)とクイズも頑張る。
--最低、「肉体」をひたすらな周・「魔基」をひたすらな周、「冒険者活動」をひたすらな周を入れること。
---(別に平均的に育てても良いが、引継ぎの法則からどれかを特化して育てた方が良い。)
---別に平均的に育てても良いが、引継ぎルールからどれかを特化して育てた方が効率は良い。

**終盤(ある程度育ったら) [#o2197cd0]
***終盤(ある程度育ったら) [#o2197cd0]
-武器:詠唱の杖
--スキルは「杖」全種と「武器防御」。
---魔力強化・魔力再生が高Lvなら魔法が主力となる。(最大魔力1000、戦闘終了で魔力が50~100回復程度で実用レベル)
--格闘でも問題ないが、被ダメ・戦闘終了の時間を考えると魔法に分がある。
-「肉体」…防御全種と移動力に各Lv10、「戦闘速度」・「体力増加」に残りの8割を、「体力回復」は残り2割で。
-「魔基」…詠唱と防御・耐性全種・同系・異種を各Lv10まで、「魔法知識」は40まで。(END条件値)
--残りは「魔力回復」と「魔力強化」に注ぎ込む。
--各種魔法は回復系と「吸魔」・「満たす光」「暗黒竜の咆哮」「飛行」を最優先、次点として攻撃系を優先し、補助は余裕があれば。
-「冒険」…戦術を最優先、次点に「探索」「謎解き」を優先し、残りは「罠知識」「毒知識」「魔物の知識」「大会の知識」の順で。
-「一般」…「H知識」を最優先。CG・イベント回収をしていればポイントは余るはず。
-以上が実行出来れば、全ダンジョン・塔を放置しても攻略可能。

***終盤まとめ [#b9a9893b]
-周回を重ねれば、普通にプレイしている以上勝手に強くなりますwww
-周回を重ねれば、普通にプレイしている以上勝手に強くなります。
-剣などは入手が不安定なので、確実に入手可能な詠唱の杖、周回プレイによりスキル会得が容易になる魔法が主力となりやすい。
-全スキル最大Lvになれば、まぁ攻撃してれば負けない。
-それ以上にランダムのCG入手の方が大変。
-育成以上にランダムのCG入手の方が大変。
--育成時以外の差分CG(主にHシーンの髪型等)は回想で回収可能。
#endregion

**周回特化タイプ [#wddcc15f]
#region(手順 )
-引継ぎ率を引き上げるのを優先して周回ごとに特化育成するパターン。
-周回ごとにモード開放を目指し、ついでに次周に向けてスキル上げも平行して行う。
-クデュールはモード開放にも関わるので5周目までクリアしない(先にクリアしてもモード開放にはならないため)
-割と雑なプレイでも大丈夫だが、宝箱から良い装備が入手できれば更に楽になる。
--王魔の塔や地下迷宮、大地下迷宮は宝箱が多いので狙い目。何かしら手に入るまでロードするのもあり。
--試練や魔法、祝福の塔でも運が良ければ最強装備が出る事はある。試練で伝説のムチや伝説の鎧が出た報告アリ。
--同じ周回で何度も挑むと宝箱階をスキップしてしまうので無意味。各周回の初回攻略時に何度かロードした方が効率は良い。

***1周目 資金稼ぎ[#x4a3a417]
-目標は最低限の装備と家具をある程度揃え、周回用の資金稼ぐこと。
--アルバイト重点で進める。能力強化は全てアルバイトで行う。
---3月までは肉体訓練で体力増加を上げる。
---3~9月は畑仕事、10月~翌年2月は警備員。不調になったら肉体強化訓練で回復。
---毎ターンセーブしておき、不意の戦闘に備える。負けたらリセット推奨。
--休憩は買い物で行い、一年目のうちに初回訪問、新商品入荷2回(5000、15000B以上)を済ませておく。
--2年目2月2週の半額セールで装備を揃える。
---武器は剣(風属性)がオススメ。面倒な敵が多い飛行系や竜に特攻。防具は魔王の守服あたりで十分。
---装飾品は魔法の首飾り、加速の首飾り、必殺防御の首飾り辺り。5点で14000B
---余裕があるなら応接セットと勉強机の一番安いのを買っておくとセールやバイトを確認しやすくなる(+1400B)
---翌日試練の塔へ。装備があれば普通に踏破できる。
-スキルは接近戦重視で取っていく。
--最優先は体力増加。21までは一気にとる。クリア前には31~41まで上げておく。
---通常は+15だが、6、11、16・・・と5の倍数+1ごとのタイミングで+30になる。
--以降は戦闘速度20、体力回復10、戦闘防御10、反射防御10あたり。残りは戦闘速度と体力増加を平行して上げる。
--武器は、剣、払い剣、武器防御を上げる。
--土は治癒の魔法10→再生の魔法。
--一般は音楽10→買い物10を最優先に、他は今は不要。
--闇は無視。
-買い物10になったら4月4週か5月1週の半額セールで家具を揃える。
--家具はまずは中程度のものでいいので種類を揃える事を優先した方がトータルでは効果が高くなる。
---2/2家具売りで資金を稼いでるなら全部最高ランクを買える。ここでは普通に進めた前提で解説する。
--ベッドは4周目になるまでは恐らく使われないので後回しで十分。買うなら「ラブラブ」がコスパ高いのでオススメ。
---なお一番効果が高いのは「プリンセス」ではなく「淫靡」なので注意。ラブラブと淫靡には購入後専用セリフ有り。
--応接は「落ち着く」か「くつろぐ」で十分。余裕があれば「安心」で。
--クローゼットは最高の「美しい」でも結構安いので買ってしまおう。
--勉強机は「上級魔法」が良い。「上級家庭」は3周目で使うので余裕があるなら一緒に買っておいてもいい。
--カーテンは買わなくとも問題ない。一度全種類買ってみて見た目の好みで選ぶのもアリ。
--絨毯は効果の割りに高すぎるので買わなくとも問題ない。もっと資金に余裕ができてからで十分。
--本棚は「娯楽大」がコスパ高い。冒険がMAXになったら「魔法大」に切り替えるのがオススメ。
--勉強棚は「楽しめる」がコスパ高いのでオススメ。特化に買い換えるのは全モード解放後でも十分。
---比較的高めなので、資金に余裕が無いなら「普通」か、最悪「ボロ」でも無いよりはマシ。
--飾り棚は「高級、不気味、可愛い」のいずれかがオススメ。3周目までには「ショウアップ」に替えたい。
--絵は何の効果もない。安いので好みで買ってもよい。
--天井飾りは必要になる前にイベントで貰える(勝手に設置変更される)ので買う必要は無い。
--1周目は次周用の資金稼ぎも兼ねているのでお金を使い切らないように注意。クリア時に2~3万は残したい。
---余裕があれば4/4と5/1で命中の首飾りを2個買っておきたい。命中の低い攻撃を使う場合に役に立つ。
-アルバイトのみだとEDは弟子1になるはず。
--クリア後にクイズに全正解で引継ぎ率+10%。
--英雄の塔を登れるだけ登る。何度も挑めば90階ぐらいはクリアできるので+6%。
--これで2周目を引継ぎ率46%で始められる。

***2周目 魔法基礎強化+イリス攻略[#ka4e5f43]
-修行モードで始める。
-目標は魔法基礎鍛錬とイリス攻略によるモード開放。
--行動は魔法基礎勉強重点、武器練習も交えて行く。
--休憩はおそらく必要ない。する場合は読書。
-スキル取得は魔力増加を最優先。20までは一気に取る。
--魔力回復10→魔法知識15→魔法防御10を目指す。回復10あれば勉強の消費分が自然回復するので休憩が必要なくなる。
--魔法知識15になったら闇の吸魔を伸ばす。以降は魔法知識重点で、魔力増加、魔力回復も併せて伸ばしていく。
--剣10、武器防御5、払い剣5ぐらいまでは武器訓練を行う。
-試練、魔法、祝福の塔をクリアする。試練、魔法は出てすぐ、祝福は剣7以上になってから。
-魔法大会(2~11月1週)で優勝する。優勝できなかった場合は武器防御や戦闘速度を伸ばす。
--イエルH後はイエル関係を進めない→イチャイチャEDでモード開放。
--引継ぎのために魔法基礎を徹底的に伸ばす。詠唱速度10→魔法知識or魔力増加を伸ばす。
-余裕があれば実践をいくつかクリアしておく
--幽霊退治は祝福クリアできるなら余裕。発見率が低いのでセーブロードで見つけたい。
--絶望の塔、王魔の塔は戦闘防御、武器防御、払い剣が10になってないと厳しい。
--認定は挑戦しておく。魔法は回復と吸魔のみ許可にすれば1級も狙える。スキルポイントが美味い。
--最後の半額セールで「上級家庭の勉強机」を買っておくと、次周捗る。
-魔法勉強のみだと魔法使いEDになる。イエルイチャイチャED、ヴィオラのんびりEDで試練モード開放。
--英雄の塔の更新は無理なので、引継ぎ率56%。

***3周目 冒険&武器訓練+ヴィオラ攻略[#cc0a001b]
-試練モードで始める。
-目標は武器強化とヴィオラ攻略によるモード開放。
--行動は吸魔10になるまでは警備員重点で冒険を上げて行く。調子が落ちたら武器訓練で上げる。
---吸魔10になったら以降は冒険者メイン、調子が落ちたら武器訓練の繰り返し。
--最終的に武器は剣10→払い剣10→武器防御10→斬剣10→断剣10までは上げたいので足りないようなら訓練重点に切り替え。
--冒険は謎解き10→戦術10→探索
-ヴィオラHのために試練の塔、魔法の塔、魔法大会優勝をやっておく。祝福はクリアしないように注意。
--魔法大会は美味しいので何度か優勝しておく。
--バイトの合間にイエルと遊びにを5回行う。
---認定の塔はスキルポイントが美味しいので毎年1回は挑戦しておくと良い。認定後イエルと遊びに行くのが効率的。
---他の塔や迷宮も順次クリアしておきたい。少し育てれば絶望なら行けるはずなので2~3回はクリアしておく。
---絶望は落とし穴に落とされる事で実質階層が増えるため、ALL200近いスキルポイントを得られる場合もあるボーナスステージ。
---剣の強化が終わってれば王魔の塔もクリア可能になってるはず。無理なら戦闘速度40、体力増加40ぐらいを目安に。
--イエラと遊びに5回後、祝福の塔をクリアしてイエラ&ヴィオラルートに入ればED確定。
--最後の週に地下迷宮に特攻してスキルポイントを稼いでおくとよい。
-想定通りならEDは弟子2+ヴィオラのんびりEDになるはず。
--英雄の塔は恐らく117階(ローレンファイブ)が倒せないと思うので引継ぎ率は66%。

***4周目 ルーン登場+詠唱の塔攻略[#f8a29378]
-熟練モードで始める。
-目標は装備強化とルーン登場によるモード開放。
--最優先はルーン登場の条件を満たすこと。
--強い剣が手に入っていなければ装備をムチに変更してスキルMAXに。
---ムチを使うなら装備は命中の首飾りを2つ装備させておきたい。
-行動はルーン条件を満たす事を最優先。
--ムチを育てるなら特殊武器訓練を重点に行う。
--肉体はスタン防御、必殺防御も上げておく。バックはなくても問題ない。あとは戦闘速度重視で。
--魔法基礎は、魔法防御10→火水雷耐性10→詠唱速度10→魔法知識、魔力増加、魔力回復を満遍なく。
-同時に実践攻略も進めていく。塔や迷宮はスキルポイント稼ぎとしても優秀。
--ムチスキル3種を10にすれば魔王の城や詠唱の塔も攻略可能。作戦次第では大迷宮も行ける。
---魔王の城クリア後は師匠手伝いで銀狐関連のイベントを全部見ておくと良い。
--詠唱の塔は吸魔、雷球、肉体強化、再生魔法が十分に育ってる上で、運も必要。
---そもそも詠唱の塔の難易度はクデュール魔法大会よりも上なので、無理に4周目でクリアしなくても良い。
---詠唱クリアできれば詠唱の杖が手に入るので、以降は魔法メインで戦っていける。
-引継ぎ率76%に。英雄117階をなんとか突破できれば78%になる。

-5周目でクデュール魔法大会クリアすれば全モードが開放され、引継ぎ率88%になる。
--能力的には4周目の時点ですでにクデュール優勝は余裕だが、勝てない人は下記参照。
---体力増加41、体力回復20、戦闘防御10、反射防御10、スタン防御10、必殺防御10、残り全て戦闘速度。
---魔法防御10、火水雷光闇の属性防御10。風土は必要ない。魔力回復20程度で魔力500以上あれば安心。
---肉体強化10、再生の魔法10。戦術10、余りを大会の知識に。
---装備は剣、店売りで十分だが上位があればなお良し。防具は店売り最強で十分。
---装飾品は加速と挑戦状を装備しておきたい。挑戦状の魔法防御+10は対ヴィオラ戦で非常に有用。
---3つ目には竜の指輪、なければ加速を2つが良い。紅桜が10未満なら命中の首飾りもあり。
---戦法は肉体強化と再生を奥義設定して奥義開放、剣メインで戦う。他のスキルは全て禁止で。
---紅桜も奥義設定して、一気に押し切るのも有効。
-以降はイベントやEDを回収しつつ、スキルポイントを稼いで英雄の塔制覇を狙っていけばOK。
--訓練で調子を上げ、塔や迷宮クリアで一気に稼ぐのがお勧め。大会や野試合は敵の数が少ないので訓練の方がよい。
--訓練は周回ごとに肉体強化か魔法基礎のどちらか一方に集中する事。
--まず魔法基礎20000を目指し、初期状態で知識回復増加40、全属性防御10まで伸ばしたら、肉体50000→魔法基礎90000の順に上げるのがオススメ。
--他は塔クリアなどで勝手に伸びる。
-冒険は伸びづらいので冒険のみの周回をはさんで初期値5000以上にしておくと良い。Lv10スキル4つぐらいが目安。

#endregion

*全スキルの全習得に必要なポイント数 [#x8f719fe]
#region(肉体、武器系スキル )
-肉体:56919
--戦闘速度:17523
--体力回復:17523
--体力増加:17523
--移動力増加:725
--戦闘防御:725
--反射防御:725
--スタン防御:725
--バック防御:725
--必殺防御:725

-格闘:19520
--ジャブ:900
--ストレート:1140
--ソニックブロー:1330
--フラッシュブロー:1520 
--タイムブロー:1900
--ゴッドブロー:2280
--ローキック:950
--ハイキック:1330
--飛び膝蹴り:1900
--テツザンコウ:2280
--裸締め:1330
--腕挫十字固:1710
--金剛体:950

-武器:25650
--剣:950
--斬剣:950
--断剣:1330
--秘剣紅桜:1900
--払い剣:2280
--棒:1330
--打ち棒:950
--突き棒:1330
--斬り棒:1330
--払い棒:1330
--斧:1330
--震える斧:760
--猛る斧:1140
--暴れる斧:1520
--ハンマー:1900
--回転ハンマー:760
--突貫ハンマー:1140
--爆砕ハンマー:1520
--武器防御:1900

-遠武:12920
--指弾:950
--連撃指弾:1330
--憤激指弾:1710
--手裏剣:950
--乱れ手裏剣:1140
--大車輪手裏剣:1330
--弓:950
--激動弓:1140
--断罪弓:1520
--崩壊弓:1900

-特武:6460
--投ナイフ:950
--飛ナイフ:1140
--ムチ:950
--大蛇ムチ:1140
--暴蛇ムチ:1330
--樽:950

#endregion

#region(魔法系スキル )
-魔基:91149
--魔法知識:23364 
--魔力回復:29205 
--魔力増加:29155 
--詠唱速度:725 
--同系の心:870 
--異系の交わり:1015 
--魔法防御:725 
--属性防御/火:870
--属性防御/水:870
--属性防御/風:870
--属性防御/土:870
--属性防御/雷:870
--属性防御/闇:870
--属性防御/光:870

-火魔:6775
--炎の矢:540
--炸裂する炎:870
--爆裂する炎:1015
--焼き尽くす炎:1160
--炎の陣:1450
--炎の蛇:1015
--炎の壁:725

-水魔:7250
--水弾:580
--流れる水:870
--凍てつく氷:1015
--激動の大河:1160
--砕け散る氷河*1450
--歓喜の雨:725
--嘆きの泉:725
--氷の壁:725

-風魔:7395
--切り裂く風:580
--追跡する風:870
--弾ける風:1015
--荒れ狂う風:1160
--嵐:1450
--重き風:870
--背中を押す風:725
--飛行:725

-土魔:8555
--襲う土の槍:580
--震える大地:870
--暴れる大地:1015
--遮る土の壁:1160
--繋ぎとめる泥:725
--溺れる泥の沼:725
--肉体強化:870
--魔力強化:870
--治癒の魔法:725 
--再生の魔法:1015

-雷魔:8740
--雷撃:950
--雷球:950
--雷電:1140
--雷王:1330
--雷帝:1520
--雷龍:1900
--雷歩:950

-闇魔:14780 
--闇の槍:950
--暗黒球:950
--漆黒:1330 
--吸魔:950
--絶望に震える闇:1330 
--世界を飲み込む闇:1520  
--闇よりも暗き闇:1900 
--暗黒竜の咆哮:3000 
--闇の盾:950
--闇の霧:950
--魔物召喚:950

-光魔:8930
--光の槍:950
--貫く勝利の光槍:1140
--満たす光:1330
--幻惑:950
--分身:1140
--拘束:1140
--聖光:950
--光の盾:1330
#endregion

#region(冒険、一般 )
-冒険:11550
--探索:1650
--謎解き:1650
--魔物の知識:1650 
--罠知識:1650
--毒知識:1650
--大会の知識:1650 
--戦術:1650

-一般:9900
--料理:1650
--掃除:1650
--洗濯:1650
--買物:1650
--音楽:1650
--H知識:1650
#endregion

※注意※
計算がテキトーなので、間違いはスルーor無言で修正を。
あくまでおおよその数字の目安でお願いします。※※※※


ȥå   ñ측 ǽ   إ   ǽRSS